【10年ぶりに改訂】『広辞苑』第七版(普通版)を買ったのでレビュー

広辞苑箱入り
スポンサーリンク

どうも、あおです。

 

 

10年ぶりに改訂された『広辞苑』を買ったので、レビューします。

 

まずはいつものようにAmazonから注文しました。けっこうお高い。(1万円弱)

 

 

 

注文して2日後に届きました。想像していたよりデカイ。そして超重い。

広辞苑梱包

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外面はこんな感じ

広辞苑 外面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付録

広辞苑 付録

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厚みエグイ

広辞苑 厚み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと、厚さ8cm

広辞苑 厚さ計測

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『広辞苑』本体の重さを量ってみると。。

 

 

 

2.5Kg

広辞苑 重さ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おそるべし。。

 

 

付録も乗せると、

 

 

3.0Kg

広辞苑と付録の重さ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中を開いてみます。

 

 

まずは付録から。異字同訓の漢字について記載されています。

付録 中身①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、アルファベット略語一覧

付録 中身②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも色々あって、付録だけでも見どころ満載です。

 

 

そして、『広辞苑』本体。

広辞苑 本体 中身①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

字がちっさい。

これは視力に自信がないと、きついところ。

 

 

 

アップで見ても小さいです

広辞苑 本体 中身アップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

定規を置いて比較

広辞苑 本体 中身 定規と共に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、追加された言葉の「ちゃらい」があります。

広辞苑 ちゃらい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ブラック企業」もありました

広辞苑 ブラック企業

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かさ張らない電子書籍もいいかもしれませんが、

紙だと、ペラペラめくっていって、興味のある言葉を発見することができるので、

紙という選択肢もありだなと感じました。

 

タイトルとURLをコピーしました