【事業復活支援金:個人事業主(青色申告)】事前確認をやってみた詳細(準備するものなど)

事業復活支援金 事前確認 サムネ
スポンサーリンク

どうも、あおです。

 

 

 

2022年1月31日から開始された「事業復活支援金」の事前確認を

行ったので、詳細をまとめます。

 

 

必要なもの

1.本人確認書類(免許証など。裏も必要)

2.対象年すべての確定申告書の控え

(押印されたもの、もしくは、電子申請なら受付日時が記載されているもの)

※決算書はオンライン申請時に「添付しない」の選択があるので、なくてもよい

 

下記のように基準期間をどれにするかで、必要な年の確定申告書が変わります。

私は「X:2018.11-2019.3」を選んだので、3年分必要となります。

必要な確定申告書

 

 

 

e-taxでID・パスワード形式の電子申請をしているのであれば、
過去分はネットでは閲覧不可なので、
税務署に行って身分証明書を見せてデジカメやスマホなどで
撮影する必要があります。
※ただし、該当の確定申告直後に申告したファイルを
ダウンロードできるので、もし、それをしていれば、
WEBで見ることはできます。
拡張子「.xtx」のファイルです。

 

3.選択する基準期間と対象月の売上台帳

(私の場合、基準期間:2018年11月~2019年3月。

対象月:2022年1月なので、その6か月分の売上台帳をExcelなどで作成します。)

 

4.2018年11月以降の取引が記載された通帳

(私の場合、確認機関の担当のかたに2019年1月の売り上げが

振り込まれてあることを見せてと言われ、

通帳のその箇所をPC画面に見せて確認してもらいました。)

 

 

5.本人が自署した宣誓・同意書

以下参照

https://jigyou-fukkatsu.go.jp/assets/files/f_sensei_doui.pdf

 

 

 

準備しておくものは以上です。

 

私は準備物を準備するのに、5時間あれば余裕とたかをくくっていましたが、

ID・パスワード申告組だったので、税務署に確定申告書の撮影に

行かなければならず、確認機関のかたに時間を後ろに変更してもらいました。

申し訳ない。

 

余裕をもって、予約した日の1日前にはすべて揃えておく方が無難ですね。

 

あとは、確認機関の予約を取って、準備した書類等の確認をしてもらうだけです。

 

ちなみに、機関はホームページなどを見て、無料かつ、

ZOOMで対応してくれるところがおすすめです。

 

以下のURLから検索できます

支援金

 

 

あらかじめ、ホームページに無料と記載されているところが良心的。

 

私が探したところのひとつは、6,600円すると言われ、即断りました。

 

その後に見つけたところが、ホームページに無料・ZOOMも対応可能

と記載してあり、連絡をすると、すぐに返事もくれて最高な機関でした。

 

その後も、まめに注意事項などの電話連絡もしてくれて、素晴らしかったです。

 

 

私が確認してもらった機関のZOOM内容については、

必要書類等をPC画面に見せて確認してもらうスタイルでした。

(売上台帳などのExcelファイルで作成したものは、随時メールで送付しました)

 

所要時間は30分ほど。

 

和やかで温和な行政書士のかたに対応してもらい、心地よかったです。

タイトルとURLをコピーしました