【虫歯にならないために】普段から心がけたい行動5選

虫歯×
スポンサーリンク

どうも、あおです。

 

 

虫歯になりたくないんだけど、普段の生活で心がけることってあるかなあ

 

 

そこで、虫歯予防に心がけたいポイントをメモ。

 

1.食後30分~1時間ぐらいに歯をみがく

 

食後すぐの歯みがきは、唾液の働きを弱めるのでNG。

食後30分~1時間たってから磨きます。

 

 

2.毎食後必ず歯をみがく

 

朝:会社員の場合、時間がない朝は30分~1時間も待ってられないので、

なるべく食後直後にならないようにして、歯をみがきます。

 

昼:会社員の場合、お昼休みは1時間ほどなので、あまり時間を置けませんが、

これまた、なるべく食後直後にならないようにして、歯をみがきます。

 

夜:夜は時間が取れると思いますので、食後30分~1時間に歯をみがきます。

 

 

3.歯をみがくときは、奥の奥まですみずみ磨く

 

以前、虫歯治療で歯科に行った際、奥歯の裏側が磨けていないことを指摘されました。

忘れがちな奥歯の裏も磨いてあげることも大事です。

 

 

4.キシリトール入りのガムを食べる

 

 

明治 キシリッシュガム ハイパークールがおすすめ。

歯みがきしたあとに1個、仕事中の眠気覚ましに1個×眠くなったとき、

仕事の帰りに1個など、適度にとります。

 

キシリトールには以下のような効果があるとのことです。

●虫歯の原因にならない

キシリトールは口の中で「酸」を全く作らず、更に酸の中和を促進する働きも持っています。唾液も出やすくなるなど、口の中を虫歯になり難い状態に保ってくれます。

●虫歯の発生、進行を防ぐ

虫歯の原因、プラークをつき難くして、歯の石灰を促してくれます。また、他の甘味料にはないキシリトールだけの効果として、虫歯の大きな原因のミュータンス菌の活動を弱める働きがあります。

●虫歯予防のサポート

プラークを剥がれ易くして、ブラッシングの効果を上げます。フッ素と一緒に行えば、より歯は硬化し、普段の虫歯予防に大きな効果があります。

出典:芦屋M&S歯科・矯正クリニック

 

 

5.スイーツや甘い飲み物は食後にとるようにし、間食を控える

 

スイーツや甘い飲み物を食べたい(飲みたい)ときありますよね。

とりたい場合は、食事後にとるようにして、食べた後に歯磨きをします。

 

食事と食事の間にとってしまったときは、食べた後に歯をみがくようにします。

 

 

まとめ

 

虫歯は事前に予防して、(歯)医者いらずになりましょう。

Life
スポンサーリンク
あおのページ
タイトルとURLをコピーしました