【海外一人旅のススメ】メリット・デメリット、注意事項やポイントなど

海外一人旅1
スポンサーリンク

どうも、あおです。

 

 

TVでヨーロッパの国々を旅する番組を見て、

私も行きたいと思ったのが、一人旅をするきっかけでした。

 

実際に行ってみると、思っていたほど大変ではなく、

帰ってきたときに、一回り大きくなったような気持ちになれました。

 

そこで、これから海外で一人旅をしたいという方に参考になればと思い、

注意事項やポイントをまとめます。

 

英語の必要性

 

私は英語がぜんぜんしゃべれません。

リスニングは、ゆっくりしゃべってもらって、何を言っているのか大雑把にわかる程度。

 

この程度で海外旅行とは、不安しかありません。

(そりゃそうだといったコメントがあっても無理もありません)

 

ですが、使いそうな英語を、事前にメモして行くという手で乗り切りました。

【英語が得意じゃなくてもなんとかいける】海外旅行で事前にメモしておきたい英語

 

事前にWiFiがあるホテルを選べば、

ホテル滞在中は、使いたい英語をネットで調べることができます。

(私はWiFiを持参しないタイプなので、WiFiが使えるホテルは必須です。)

 

海外保険は必ず入っておく

 

保険に入っていなくて、現地で病気になり、

何百万も払ったという話を聞いたことがあります。

 

1万円ちょっとで、かなりの安心を買えるので、

惜しまず必ず入ることをおすすめします。

 

私は旅行の2週間ほど前に、AIGの保険に入っています。

 

 

危機管理を持っておく

 

海外は日本ほど治安が良いところはほぼないです。

親切心を装った人に、ものを盗まれるという話しもよく聞きます。

自分の身は自分で守るスタンスが大事です。

 

旅行に行く前、旅行中、帰国後の変化

 

旅行に行く直前

英語しゃべれないのに、一人で大丈夫なのか。事件に巻き込まれたらどうしよう。

飛行機怖いと不安でいっぱいに。

 

 

旅行中

●困ったとき、見返りを求めない親切な人に助けてもらえたりする。

乗り込んだ列車で席の場所を探していたら、
金髪青い目の小さい男の子が見せてといってチケットを見てくれ、
あっちだよと教えてくれた。
切符の自販機で買い方がわからず迷っていたら、後ろにいた紳士が教えてくれた。

 

●トイレの設備が日本と異なり、ウォシュレットなど普通にない。
それどころか、トイレが1回50円~100円程度で有料なところが多々あります。

(生理現象なのになにゆえ?!)

 

●トラブルに対しての対応力が鍛えられる。(飛行機が遅れて予約してた宿に泊まれない→
近くのホテルに飛び入りで空いているか確認→そこに宿泊など)

 

●乗り物が普通に遅れることがたびたびある。
(イタリアは1時間とか遅れて当たり前なので、その上でスケジュールを組むといいかも)

 

帰国後

●一人旅をして無事帰ってきたという自信がつく。

 

●テロ・スリに対する緊張感が消える。

 

●あたりまえに過ごしていた日本文化のありがたさに気づく。

(美味しい白ごはんを始め、安くて美味しいお店が普通にたくさんある。

スーパーの品が安くて豊富にある。醤油1L、200円!?ありがとう!)

 

 

宿泊予約

 

私がよく利用しているのは、Booking.com

クチコミが豊富で、詳細な条件が指定できます。

 

私がよく指定する条件

●キャンセル無料

(1ヶ月前までキャンセル無料等の場合もあるので、いつまで無料か期日を確認)

●現地払い

●専用バスルーム

●無料Wi-Fi

●空室のある宿泊施設のみ表示

●たばこ苦手な人は「禁煙ルーム」

●自炊派は「キッチン/簡易キッチン」

●夏季・冬季はエアコンがあるか

●ポットと冷蔵庫があれば尚良い

 

 

航空券予約

 

飛行機は航空会社のWEBサイトで予約します。

(ポイントプログラムがあれば参加した方がいいです。次回、ポイントで安く乗れたりします。)

 

海外の航空会社の場合は、全て英語表記ですが、ネットの翻訳を使ったり、

予約手順が書かれた記事をググったりして、確認します。

 

 

荷物

 

荷物は機内持ち込みできる範囲のバッグのみにすると、

ロストバゲージなどのトラブルに遭わないし、到着時に荷物を待たなくていいので楽です。

 

私の場合、服は着ていく服1着、替え1着。下はデニムパンツ(履いていく1枚だけ)。

汚れたら、その部分を宿の洗面所で洗い、ドライヤーで乾かします。

 

 

現地で道に迷ったら

 

インフォメーションの人かお店の人、作業している人に聞きます。

Google Mapのオフライン地図をダウンロードしておくと、現地で迷ったときに役立ちます。

/2020/02/04/google_map_lost/

 

 

現地での食事

 

外食の場合

●TripAdvisorで口コミや写真をチェックし、問題なければ行きます。

 

●ホテルのWiFiを利用して、Google Mapで付近の飲食店を探すのもあり。

気になった店をクリックすると、クチコミや写真も見れるので、参考になります。

その店をさらにTripAdvisorで検索すると、より詳しい情報が知れます。

 

自炊の場合

海外旅行で自炊

 

 

 

 

 

 

 

 

Google Mapでスーパーを探しておき、営業日時を確認してから行きます。

(時には、記載されている営業時間に行っても、閉まっている場合があります。)

 

都市部ではアジア食材店がある場合が多いので、和食を作ることも可能です。

 

 

注意事項

 

お店で

●お店に入るときは「こんにちは」程度のあいさつ必須です。

(海外ではお客は神様じゃなく、店員と平等。コミュニケーションをとらないと、

感じ悪く思われることも。)

 

●スーパーの会計時には、自分のカゴのものを自分でレーンに置きます。

 

●スーパーで何も買わずに出ると、荷物チェックされる場合が多々あります。

何も盗ってませんよといった、堂々とした態度でチェックを受けます。

 

スリ

●いくら長時間移動であっても、乗り物内で寝るのは厳禁。(スリの危険あり)

 

●持ちますよと優しく声かけられたからといって、絶対に荷物を渡してはいけない。

 

●物売りには、真顔ではっきりと断ります。

 

●貴重品は、チェーンをつけるなどして、プロのスリにも盗られないような工夫をします。

 

治安の悪い場所を事前に調べておき、近づかないようにする

パリなどの観光地では、区によって治安が悪かったりします。

 

ネットで調べれば簡単な地図付きで出てくるので、

事前に調べておいて、治安の悪いところには近づかないようにするのがベスト。

 

 

深夜は出歩かない

当たり前ですが、犯罪に巻き込まれる可能性大なので、深夜に行動するのはNG。

(私の場合、外に出るのは基本22時までにして、スケジュールを組んでいます。)

 

やむを得ないときは、なるべく明るい場所を選んで早足で歩きます。

 

列車が遅れて、到着したら真っ暗ということもあり、そういうときは

かなりの早歩きでホテルまで帰ります。(声かけられても無視します。)

 

例外として、モンサンミッシェルの近くのホテルに宿泊した際、

夜のライトアップを見ようと、ホテルからバスで5分のところで

観覧したのですが、まったく危険ではありませんでした。

 

とはいえ、確実に安全とは言い切れないので、心配な方はやめておいた方がよさそうです。

 

 

一人旅のデメリット

 

感動の景色を見たときなど、共有できる連れがいないことですかね。

近くに同じ一人旅の人がいれば、話しかけるのもあり。

 

 

一人旅のメリット

 

誰にも合わせなくていいので、けっこう無茶できます。

 

私の場合:片道2時間のハードなトレッキングに挑戦。

(近くにいた、ある2人連れの旅行客は、一人がやめとこうと言っていて、帰っていきました。)

連れに合わせて、行きたいところを断念ってのは、ありがちだと思います。

 

目的地に見たい景色があったので、見れたときの達成感がすごかったです。

 

 

おわりに

 

始めは勇気がいりますが、一度、海外に一人旅してみると、意外にもいけるものです。

そして、次はここに行きたい、その次はここと、楽しみが増えるので、

迷っているのなら、是非挑戦してみてください。

 

映像や写真だけではわからない、本物の景色に感動したり、

海外でしか手に入らない、貴重な人との関わりや優しさを得られるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました