【風邪予防のために】日頃から心がけたいおすすめの方法7

風邪予防
スポンサーリンク

どうも、あおです。

 

 

冬になると、風邪にはなるべくなりたくないと思っています。

そこで、日頃から行うと、風邪予防になることをメモ。

 

 

1.毎日就寝前にみかんを食べる

 

ビタミンCが豊富なみかんは風邪予防にうってつけ。

寝る30分ほど前に1個食べます。

寝る前にビタミンCをとることで、排出されにくく、安眠効果もあるようです。

 

 

2.白ネギを食べる

 

ネギに含まれているアリシンというものが風邪予防に絶大な効果があるとのこと。

週に1度ほど、1本の3分の1か4分の1を食べます。

食べ方は、ラーメンのトッピングにしたり、鍋に入れたりします。

 

 

3.毎日野菜をたっぷりとる

 

冬におすすめな野菜は、白菜か小松菜。

 

白菜だと、1/4玉(一人あたり)を鍋に入れると、

しなっとなるので、多そうに見えてもとりやすいです。

 

小松菜だと、スーパーで売っている1束(一人あたり)を1分ほど少しの塩で茹でて、

からし和えや胡麻和え、おひたしにします。

 

 

4.職場で常にマスクをする

 

マスクをすることによって、喉がうるおいます。

そして、感染予防にもなるので、気にせずつけます。

ダイソーにある30枚入りのマスクがおすすめ。

 

 

5.夜更かしはせず、最低6時間睡眠を心がける

 

睡眠不足になると、免疫力が下がり、風邪をひきやすくなります。

明日のために、さっさと寝ましょう。

 

 

6.朝起きて、のどに違和感を感じたら、うがいをする

 

風邪予防の対策をしていても、どうしても風邪の前兆が起こることがあります。

朝起きて喉に違和感を感じたら、すぐによくうがいをして、未然に防ぎます。

 

 

7.通勤時になるべく歩くようにして、免疫力を高める

 

職場であまり体を動かすことがない方(私w)は、

通勤時になるべく歩くようにします。

(最寄り駅からすぐ会社ではなく、15分や20分かけて

会社に到着するような経路を選びます。)

 

通勤がない方は、自宅付近をウォーキングするか、

買い物に行く店など目的地を定めて、歩きましょう。

 

1日最低7000歩ほど歩くのがおすすめです。

 

スマホに入れておきたい歩数計の無料おすすめアプリがこちら。「Accupedo」

Android(アンドロイド)版 Accupedo

iPhone版 Accupedo

 

オフライン時でも計れます。歩いた合計時間も出ます。

1万歩超えると、花火で祝福してくれます。

 

 

まとめ

 

1.毎日就寝前にみかんを食べる
2.白ネギを食べる
3.毎日野菜をたっぷりとる
4.職場で常にマスクをする
5.夜更かしはせず、最低6時間睡眠を心がける
6.朝起きて、のどに違和感を感じたら、うがいをする
7.通勤時になるべく歩くようにして、免疫力を高める

 

病院や薬に頼らず、自ら免疫力を上げることで、風邪なんて寄せ付けないようにしましょう。

Life
スポンサーリンク
あおのページ
タイトルとURLをコピーしました