【x264導入済『AviUtl』】出力ファイルの容量が大きくなる場合の対処法

スポンサーリンク

どうも、あおです。

 

 

AviUtlで長さ約12分の動画編集を行い、x264のプラグイン出力でmp4ファイルを

出力したのですが、容量が約1Gと、大きすぎるファイルが作成されてしまいました。

 

調べると、x264の設定を変更しないと、大きい容量になってしまうとのことだったので、

方法をメモします。

 

 

 

問題のファイルがこちら。12分31秒の動画で「1.09GB」になっています。ヒエッ!

aviutl 出力容量過大①

 

 

出力設定をしていきます。

 

1.ファイルの情報を開く

 

ツールバーの「その他」→「ファイルの情報」を開きます。

aviutl 出力容量過大 対処①

 

 

 

 

2.フレームレート、フレーム数をメモ

 

表示されたフレームレート、フレーム数の値をメモします。

aviutl 出力容量過大 対処②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.プラグイン出力を開く

 

ツールバー「ファイル」→「プラグイン出力」→「拡張 x264出力(GUI) Ex」を

開きます。

aviutl 出力容量過大 対処③

 

 

 

 

4.ビデオ圧縮を開く

 

「ビデオ圧縮」ボタンを押下します。(次の画面が開くまで、何も触らず待ちます。)

aviutl 出力容量過大 対処④

 

 

 

 

5.プロファイルから該当の項目を選択

 

x264の画面が開くので、ツールバー「プロファイル」から該当の項目を選択。

(今回は「youtube」を選択しています。)

aviutl 出力容量過大 対処⑤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6.モードを「自動マルチパス」に変更

 

モードを「自動マルチパス」に変更します。

aviutl 出力容量過大 対処⑥

 

 

 

7.各チェックをつけ、ビットレート計算機を押下

 

nul出力、上限ファイルサイズ、上限ファイルビットレートの3箇所にチェックをつけ、

画面右上の方にある「ビットレート計算機」ボタンをクリックします。

aviutl 出力容量過大 対処⑦

 

 

 

 

8.算出した結果をセット

 

計算機が開いたら、「ビットレートからサイズを求める」にチェックをつけ、

「動画フレーム数」、「フレームレート」に先ほどメモした値を入力します。

 

値が算出されるので、元の画面にセットします。

[1] 映像ビットレート → 目標映像ビットレート

[2] 音声ビットレート → 既にセットされている。もしされていない場合は、入力する。

[3] 合計ビットレート → 上限ファイルビットレート

[4] 動画サイズ → 上限ファイルサイズ

 

aviutl 出力容量過大 対処⑧

 

 

 

セットできたら、右下の「OK」ボタンを押下します。

 

 

9.任意の保存場所を指定し、保存ボタンを押下

 

任意の保存場所を指定し、保存ボタンを押下します。

エラーになる可能性があるので、デスクトップを経由した場所には保存しないようにします。

aviutl 出力容量過大 対処⑨

 

 

 

 

10.エンコード開始

 

エンコードが始まります。

aviutl 出力容量過大 対処⑩

 

 

 

 

11.エンコード終了

 

エンコードが正常に終了しました。(所要時間:約24分)

aviutl 出力容量過大 対処⑪

 

 

 

 

ファイルサイズが「105MB」と、コンパクトになりました。

aviutl 出力容量過大 対処⑫

 

 

 

中を確認しましたが、劣化なしに正しく再生されました。

 

タイトルとURLをコピーしました