【YouTubeやブログのサムネイルに】フリーソフト『Ashampoo Photo Commander』で簡単に文字に縁取り作成 – 使い方編 –

Ashampoo 使い方サムネイル
スポンサーリンク

どうも、あおです。

 

 

画像に縁取り文字を作成したいと思い、始めはフリーソフトの『GIMP』で

作成していたのですが、レイヤーを追加したり、枠を選択して反転させたりと、

ひと固まりの縁取り文字を作るだけで、かなりの手間がかかっていました。

 

何かもっと簡単なフリーソフトがないかと探していたところ、

簡単に縁取り文字が作れるソフトがありました。

こちら、『Ashampoo Photo Commander』

 

縁取り文字作成について、使い方を簡単にまとめます。

 

インストール方法はこちら:【YouTubeやブログのサムネイルに】フリーソフト『Ashampoo Photo Commander』で簡単に文字に縁取り作成 – インストール編 –

 

 

1.ソフトを起動

 

インストール後に作成されるアイコンをダブルクリックまたは、

右クリック→『開く』で起動します。

Ashampoo 使い方①

 

 

 

 

 

 

 

 

2.表示/閲覧モードを切り替え

 

このままでは作業しにくいので、表示を切り替えます。

ツールバーの『表示』→『表示/閲覧モードを切り替え』

Ashampoo 使い方②

 

 

 

 

3.編集したいファイルを取り込む

 

Ashampoo 使い方③

 

 

 

 

4.『オブジェクト』タブをクリック

 

フォントを使える画面に切り替えるため、『オブジェクト』タブをクリックします。

 

Ashampoo 使い方④

 

 

 

 

5.『テキストの描画』をクリック

 

Ashampoo 使い方⑤

 

 

 

 

6.輪郭の設定を行う

 

フォントの設定画面が開くので、『テキスト効果』で好みの輪郭設定を行います。

 

今回は、文字色『白』で、その外枠に『水色』、さらにその外枠に『白』にしたいので、

『テキスト効果』に『輪郭(2本)』をセット。

Ashampoo 使い方⑥

 

 

 

 

7.縁取りの色を設定

 

『色1』のボタンを押下し、好みの色を選択

Ashampoo 使い方⑦

 

 

 

 

選択後、適用ボタンを押下

Ashampoo 使い方⑧

 

 

 

 

8.文字サイズなどのフォント設定を行う

 

フォント種類、サイズ、輪郭1の太さ、輪郭2の太さ等、任意の設定を行います。

Ashampoo 使い方⑨

 

 

 

 

9.対象画像の上でクリック

 

カーソルを対象画像の上に移動させ、『T』の文字が出ている状態でクリックします。

Ashampoo 使い方⑩

 

 

 

 

10.文字入力の指示が出るので、ダブルクリックして文字入力画面を表示

 

文字入力するよう指示が出るので、ダブルクリックします。

Ashampoo 使い方⑪

 

 

 

 

テキスト編集画面が表示されます。

Ashampoo 使い方⑫

 

 

 

 

11.任意の文字を入力

 

画像に表示させたい文字を入力します。入力後、『OK』を押下。

Ashampoo 使い方⑬

 

 

 

 

12.文字を任意の場所へ移動

 

点線の枠内をクリック&ドラッグで文字を好きな位置に移動させます。

Ashampoo 使い方⑭

 

 

 

 

13.保存する

 

ツールバーの『ファイル』→『名前を付けて保存』で任意の場所に保存します。

Ashampoo 使い方⑮

 

 

 

 

14.保存したファイルを確認

 

保存したファイルを開くと、このようになりました。

Ashampoo 使い方⑯

タイトルとURLをコピーしました