【動画編集フリーソフト『AviUtl』】画像を徐々に拡大して表示させる方法

AviUtl ズームイン①
スポンサーリンク

どうも、あおです。

 

 

 

AviUtlで画像をだんだん大きく表示させたいときの方法をメモ。

 

 

 

1.対象の画像をタイムラインにドラッグする

 

今回は「zoom-1」のファイルになります。

AviUtl ズームイン②

 

 

 

 

 

2.プロパティが自動で開くので、右上の十字のアイコンをクリック

 

以下のプロパティ画面が開くので、右上にある「+」のアイコンをクリック

AviUtl ズームイン③

 

 

 

 

 

3.一覧が表示されるので、「アニメーション効果」を選択

 

AviUtl ズームイン④

 

 

 

 

 

4.左下のドロップダウンをクリック

 

AviUtl ズームイン⑤

 

 

 

 

 

5.「拡大縮小して登場」をクリック

 

AviUtl ズームイン⑥

 

 

 

 

 

6.「時間」と「拡大率」を変更

 

時間(秒単位):どのくらいの時間で拡大させたいか

拡大率:どのくらいのサイズから拡大させたいか

 

※マークしている部分の拡大率を100にしてしまうと、拡大されないので注意。

 

AviUtl ズームイン⑦

 

 

 

 

 

7.再生ボタン押下で徐々に拡大される

 

必要であれば、対象画像のタイムラインをクリック&ドラッグで

伸ばしてください。

 

 

再生ボタン押下で、徐々に拡大して表示されるようになります。

AviUtl ズームイン⑧

 

 

AviUtl ズームイン⑨

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました