【YouTubeなどの動画編集フリーソフトは絶対これ】『AviUtl』のインストール手順

AviUtl トップ
スポンサーリンク

どうも、あおです。

 

 

YouTubeなどの動画編集するのに、おすすめなフリーソフト『AviUtl』の

インストール方法をメモしておきます。

 

ちなみに、『AviUtl』を入れる前に、WEBで動画編集フリーソフトを色々検索して、

入れようとしてみましたが、

・「ムービーメーカー」は、サポート終了。

・「iMovie」はMacでないので×

・「Shotcut」マウス移動で画像や音声の細かな位置を指定できない。

いちいち座標に数値を入力しないと移動してくれません。

←ありえない。めんどくさ過ぎて無理!

 

といったことで、やっぱり以前使っていた『AviUtl』が一番でした。

 

インストールが少々ややこしかったりするので、記録しておきます。

 

1.公式サイトでインストールファイルをダウンロード

 

AviUtlのお部屋

 

※今回は「aviutl100」をダウンロードします。

 

AviUtl インストール①

 

 

 

 

 

 

 

 

2.ダウンロードしたファイルを解凍

 

ダウンロードしたファイルを解凍します。

AviUtl インストール②

 

 

 

3.解凍したフォルダを「C:\Program Files」直下にコピー&ペースト

 

解凍して作成されたフォルダを「C:\Program Files」直下にコピー&ペーストします。

AviUtl インストール③

 

 

 

4.mp3ファイルを読込むプラグイン「L-SMASH Works」をダウンロード

 

このままでは、mp3ファイルなどを読み込めないので、プラグインを追加します。

ダウンロードサイト:L-SMASH Works

 

AviUtl インストール④

 

 

 

5.aviutlフォルダ直下に「Plugins」のフォルダを作成

「C:\Program Files」の直下に置いた「aviutl」フォルダの直下に

Plugins」のフォルダを新規作成。

AviUtl インストール⑤

 

 

 

6.「L-SMASH Works」を解凍し、「Plugins」にコピー&ペースト

 

解凍する際、「Lhaplus」(フリーの解凍ソフト)では、解凍に失敗するケースがあります。

失敗するようであれば、「7-Zip」(フリーの解凍ソフト)を使用するようにします。

 

解凍できたら、以下の4ファイルを「C:\Program Files\aviutlxxx\Plugins」直下に

コピー&ペースト。

① lwcolor.auc

② lwdumper.auf

③ lwinput.aui

④ lwmuxer.auf

 

AviUtl インストール⑥

 

AviUtl インストール⑦

 

 

7.「x264guiex」のダウンロード

 

編集した動画をmp4で出力するために、「x264guiex」のダウンロードを行います。

ダウンロードサイト:rigayaの日記兼メモ帳

 

以下の赤枠をクリック

AviUtl インストール⑧

 

 

 

別ページが開くので、最新版のzipファイルを右クリックしてダウンロード。

AviUtl インストール⑨

 

 

 

8.「x264guiex」のインストール

 

ダウンロードしたファイルを解凍します。

AviUtl インストール⑩

 

 

 

 

「auo_setup.exe」を実行

AviUtl インストール⑪

 

 

 

 

「C:\Program Files」直下の「aviutl」の場所を選択し、「次へ」を押下。

AviUtl インストール⑫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正常にインストールできればOK。

AviUtl インストール⑬

 

 

 

 

9.「拡張編集Plugin」のダウンロード

 

AviUtlの以下の緑枠内の機能を使えるようにするために、「拡張編集Plugin」を

ダウンロードします。

AviUtl インストール⑭

 

 

 

ダウンロードサイト:AviUtlのお部屋

 

以下の最新版(赤枠)をダウンロード

 

AviUtl インストール⑮

 

 

 

 

10.ダウンロードした「exeditxx.zip」を解凍し、「aviutl」フォルダへ

 

ダウンロードした「exeditxx.zip」ファイルを解凍します。

AviUtl インストール⑯

 

 

 

 

解凍したフォルダを開き、中のファイルをすべてコピーします。

AviUtl インストール⑰

 

 

 

 

「C:\Program Files\」の「aviutl」フォルダの中に、コピーしたファイルを貼り付けます。

AviUtl インストール⑱

 

AviUtl インストール⑲

 

 

 

 

11.AviUtlを起動し、「拡張編集の設定」をクリック

 

AviUtlを起動します。

そして、ツールバーの「設定」→「拡張編集の設定」をクリック。

aviutl 拡張編集①

 

 

 

 

拡張編集の画面が開きました。

aviutl 拡張編集②

 

 

 

 

お疲れさまでした。これで土台の環境が整いました。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました