【関西で桜を見るなら絶対ここがおすすめ】滋賀・大津「三井寺」

三井寺①
スポンサーリンク

どうも、あおです。

 

 

前回:/2020/04/05/sakura_miidera_access/ に続き、三井寺の中をレポートします。

 

 

まず、入口入ってすぐにある大門

三井寺①

 

三井寺の正式名称は「長等山園城寺(ながらさんおんじょうじ)」といいます。

 

 

 

境内案内図。すごく広いです。

三井寺 案内図

 

 

拝観料600円を払って入ります。

 

こちらの階段はけっこう急です

三井寺②

 

 

 

 

階段を上ると、このような感じ

三井寺③

 

 

 

 

さらに奥に行くと、金堂があります

三井寺④

 

 

 

 

さらに階段がありますが、こちらはここから見るだけにします

三井寺⑤

 

 

 

 

順路に従って進みます

三井寺⑥

 

 

 

 

しだれ桜もあります

三井寺⑦

 

 

 

 

城壁に入り込む桜

三井寺⑧

 

 

 

 

こちらの階段を上って、見晴らしのいいところに行きます

三井寺⑨

 

 

 

 

さらに上ります

三井寺⑩

 

 

 

 

見晴らしのいいところに到着。背景にうっすら琵琶湖が見えます。

三井寺⑪

 

 

 

 

桜満開です。高いところで見ると爽快です。

三井寺⑫

 

 

 

 

帰りの下り坂も桜でいっぱいです

三井寺⑬

 

 

 

 

こちらの階段を下りると、平地です。けっこう急なので、ゆっくり下ります。

三井寺⑭

 

 

後は出口まで少しです。

 

 

 

いかがでしたか。ここに来ると、もう桜はお腹いっぱいというくらいまで満喫できますよ。

 

以下の公式サイトで、桜の見ごろ情報も載っていますので、参考にしてみてください。

三井寺 公式サイト

 

タイトルとURLをコピーしました